眼科や脳神経外科で使われている手術用の顕微鏡を歯科用に改良したものがマイクロスコープです。

東京を中心に普及しはじめていますが、まだ、普及率は5%程度しかありません。マイクロスコープは、肉眼の20倍まで見えますので、これまで経験や勘に頼っていた治療すべき部分がはっきりと見えますので、ポイントを絞った的確な治療ができます。余分な歯を削ることなく、精度の高い治療ができますので、患者さんへの負担も軽減できます。傷口も最小限に抑え、細い糸での縫合も可能となりますので、細菌感染や痛み、腫れも抑えられ、傷の治りも早くなります。

歯周病の原因ともなる歯石の除去も、歯の表面や歯と歯茎の間の奥深くまで見ることができますので、取り残しがありません。インプラント治療をした歯の周辺は、歯周炎になる可能性がありますが、マイクロスコープを使うことによって、人工歯や周辺の歯茎をきれいにすることができます。歯科治療には欠かせない存在になりつつあります。しかし、歯科治療で使うマイクロスコープは、高度な技術を要すため、特別な研修を受けます。

また、精細に見えることから治療時間も長くなります。そのため、ほとんどの場合、保険外の診療、自由診療となり、治療費が高額となります。歯科医によっては、それほど時間がかからず、特殊な材料を必要としない一部の診療を保険内で行っています。マイクロスコープ治療では、精細な治療が可能なため、歯の寿命が長くなっています。自由診療で治療費は高額にはなりますが、インプラントを考え合わせると、それほど高額なものではありません。人工歯に費用を掛けるよりも、自分自身の歯を残すために掛ける方が将来のためにもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *