歯の治療を受ける場合、小さな鏡のようなものを使って患部の確認をすることが多くなっています。

よく見られる光景ではあるものの、小さな鏡でドクターが目視をする方法だと、細かな部分の疾患を見逃してしまう危険があります。細かく正確に調べる機器も一応存在しますが、より確実性を求めるのならマイクロスコープを採用する歯科で治療を受けたいところです。見たい部分を約20倍も拡大して確認できる、高機能な機器です。毛細血管や神経などの目視では難しい部分の確認ができるため、眼科や脳神経外科などで主に採用されています。

歯科でマイクロスコープを導入しているところは日本国内ではまだまだ少ないですが、歯の治療においても手術をするような高度なものだと、大きく拡大して一部分を確認できるこの機器は、治療効果を高めるのに非常に役立ってくれます。マイクロスコープを採用する歯科をすすめる理由として、ドクターの技術に頼りっぱなしの治療に終わらないことが挙げられます。

とても高度な技術を持っているドクターが日本国内にはたくさんいるものの、あくまでも人の技術ですので、間違いが発生することもありえます。技術の高いドクターに依頼するとリスクを下げられますが、限界がありますので、完全に頼り切るのは危険です。マイクロスコープを使う歯科で治療を受けることによって、人の技術が及ばないような領域まで治療ができますから、結果的に口腔内の健康寿命が延びるメリットがあります。
歯科医師国家試験対策の塾のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *