現在の歯科医療は、科学技術の進歩により、さまざまな治療が行われています。

歯科領域でも、新たな技術が採用されており、そのひとつがマイクロスコープを用いた治療です。マイクロスコープは、患部に近い場所でLEDライトを当て、視野を拡大して確認しながら、治療を行います。肉眼と比較して視野が10倍以上まで拡大できるものもあり、細かい診察と治療が可能になりました。この技術は、歯医者にとって技術的に大きな進歩です。具体的には、歯根治療です。

歯の根っこ部分の治療を歯根治療といいますが、枝分かれしている歯のさらに深部の治療も、以前に比べ細かい部分まで観察・治療ができるようになりました。また、今までの治療では確認できなかった、微細な歯の割れやヒビに気づくことができ、それも治療に役立っています。患者にとってもメリットがあります。マイクロスコープ導入により、治療中に患部の映像を録画できるようになりました。

そのため、自分の口の中で行われていて、見えなかった奥歯や治療の様子まで、歯科医師と共有し確認できるようになったのです。また、予防医療という観点からも、早期の虫歯も発見しやすくなったことで、以前よりずっと治療の効率も上がります。初期の虫歯の段階で発見されやすくなったことで、重症化する前に治療が始められ、医療費の削減にもつながります。時間とお金のかかるイメージが強い歯科治療ですが、マイクロスコープを用いた治療により、一度の治療が確実なものとなる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *