歯科医院の中には、肉眼の視野を3~20倍に拡大することができるマイクロスコープを用いた治療を行っている医院もあります。

このマイクロスコープを用いた歯科治療は、本来、見えないレベルの患部が拡大されることで正確な作業が可能となりますので、治療レベルを格段に向上させるというメリットがあります。マイクロスコープが力を発揮する歯科治療の代表的なものが根管治療です。根管治療は深い虫歯などで神経が死んでしまったような時に行う治療ですが、神経をとった後には空洞になった根管に細菌感染が起こらないように根管内を清掃しなければいけません。

しかし、歯の根管というのは人によって形が違いますし、非常に複雑で細かい形態をしているため、肉眼だけで清掃を完璧に行うには難しい面があり、何度も痛みがぶり返すなど予後が悪くなってしまうことも珍しくないのです。このように精密な作業が必要となる治療では、直接、根管内を見ながら細部の治療を進められるマイクロスコープが大きな力を発揮し、それによって神経の取り残しや細菌感染の予防などに繋げることができるのです。

また根管治療だけではなく虫歯治療でも患部を拡大することで、虫歯の削り残しがないように健康な歯も含めて大きく削る必要があった治療ではなく虫歯になってしまったところだけを正確に削るということも可能となるのです。このようにマイクロスコープを用いることは歯科治療を成功させるために大きなメリットがあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *